トリア 使用方法.

レーザー脱毛器

まず 初めて使う前に 使用したい箇所の準備をします。

① レーザー脱毛処理をしたい箇所を清潔にし、表面に見えている毛を剃ります。
そして 実際に処理に入る前には必ず テスト照射 を行いましょう!

テスト照射は、出来るだけ すべてのレベルで試した方がいいようですが、いきなり最高出力の "5" を照射するのは危険ですので、まずは レベル1から始め、そのレベルに耐えられたら 別のテスト箇所に移動して 今度はレベル2にあげて照射する。
と いった具合に、徐々に段階を上げていき 痛みに堪えられる 最高レベルまで照射したら 24時間放置して 様子をみる と言う方法で行うと良いようです。

日焼けなど、肌の色に大きな変化があった時なども こまめにテスト照射をして 肌の状態をチェックしつつ 処理をするようにした方が大きなトラブルを回避できるでしょう。

② トリアの電源を入れ 出力レベルを合わせる.
当然ですが トリアは出力レベルが高ければ高いほど 脱毛効果が上がります。なので できるだけ、テスト照射で耐えられたレベルでの照射をする方が より効果を実感することができます。

③ レーザー照射口を皮膚に当て、照射する.
「ぴっ」っという音でレーザーの照射が始まり「ぷっ」っという音で照射が終了します。この時、照射口の3点センサーが全て肌に触れていない場合は レーザーが発射されず、「ぶーっ」っという鈍い音がなります。
また 「ぴっ」と「ぷっ」の間で照射レンズを移動する (動く) と、照射が中断する事になり 効果が低下してしまいます。

レーザー脱毛器

「ぷっ」っと音がしたら、照射レンズを一度肌から離して 前回の位置よりも 5ミリ程度 ズラして、前回の位置と一部重なる程度で「ぴっ」っと鳴るのを待ちます。そして再び「ぷっ」で、5ミリ ズラす。これを繰り返します。

← 左図のように・・

このように 一部分を重ねて 少しずつズラしながら照射する事で、すべての毛にレーザーが行き渡り効果が高まります。

④ 体の部位ごとに 目的の照射回数に達するまで照射する.

当然 体の部位によって、照射する回数は変わってきます。

参考までに・・・
レーザー脱毛器

                   主要な部位の照射回数の目安です。

照射している最中に どうしても痛みで続けられなくなる場合は、冷却ジェル等で冷やしながらすると比較的痛みが軽減されます。

ですが、照射を再開する時に 同じ箇所を照射しないように気を付けて下さい。

⑤ 定期的な処理を繰り返す.
これが一番重要です。
"トリア" は家庭用とはいえ レッキとしたレーザー脱毛器。
『ダイオードレーザー』という 医療でも使われているレーザー光を採用しています。

その為 フラッシュ式の脱毛器に比べると、格段にイタさが違います。
ですが、その痛みは メラニン色素に反応したレーザーが毛根に到達し組織を破壊している証拠。定期的に処理を繰り返すうちに 徐々にメラニンが退化?衰退?していくので 痛みは軽くなっていきます。

最初のうちは、その痛みで処理するのが億劫になりがちですが・・ 何事も根性!根性!ど根性!!の精神でキレイになる為に、頑張って処理を続けてください。
ちなみに、最初のうちはだいたい2週間に1回程度の処理間隔で使用。
で、全体的に毛が薄くなってきたな〜 と感じたら、自分の毛周期に合わせて2ヶ月〜3ヶ月間隔で・・ 
と言う具合に1部位ごとに 処理間隔を分けて使うことをお勧めします。
注;あまりにも頑張り過ぎて 本当の肌トラブルを見逃さないように!多少の痛み・赤味等があり 24時間以内に治らない場合は、速やかに使用を中止して医師の診断を受けて下さい。

部位別に 自分なりの『お手入れ記録』のような物を作っておくと 次に処理する日にちが一目でわかりますし、処理忘れも防げます。